Number 編集部ブログ

Number Athlete Blog

NumberWeb ホーム

動き始めた欧州移籍市場にワクワク

2011年07月28日

なでしこ号、校了真っ只中でございます。突如として、うれしいニュースが舞い込んできました。

宇佐美貴史選手、アウディカップ決勝のバルセロナ戦で、バイエルン・デビューです。

01
テレビ画面から。

まだプレシーズンではありますが、「ガンバの最高傑作」と言われた彼がドイツでどれだけやれるのか、今季の開幕が待ち遠しい限り。

宇佐美選手以外にも、先日、大津祐樹選手のボルシアMG移籍が決まり、これでブンデス(1部)に在籍する日本人選手は、えーっと……7人! ニュースを追ってみると、もっと増える可能性も十分ありますね。

日本人以外に目を向けても、あれほど「アトレティコ大好き(もちろん意訳)」と言ってたアグエロがマンCに行きそうだったり(数日中に正式決定するはず)、バルサのカンテラで900ゴールを挙げたというボージャンがローマに行ったり、と、すでに欧州の移籍市場はちょいちょい動き始めてます。

ほかにも、ネイマールってヨーロッパ来るのかな、とか、カカはレアルから出ちゃうのかな、とか、テベスは結局どこ行っちゃうんだろう、とか、なんかもう、気になることだらけ。

今年は、例年以上に大型移籍がいっぱい決まってほしいなあ、と思ってます。

なぜか。

“作り甲斐”があるからです。

何を?

そりゃ決まってます。

今年も出します! 「欧州蹴球名鑑」!

02
一昨年の第1弾。

03
昨年の第2弾。

もちろん、今年の名鑑の表紙はまだありません。

ただ、今年の名鑑は、これまでと大きく違う点があります。

なんと! 欧州サッカー、すべての移籍を反映します。すなわち「完全版」なのです!

この一冊があれば、今シーズンの欧州サッカーの見どころが全部わかる。そんな名鑑を作りたいなと思ってます。

と、名鑑のことを考えるとワクワクするのですが、実はそれどころじゃないのです。やばい。そろそろ印刷所の人来ちゃう・・・・・・。というわけで、なでしこ号の作業に戻ります。もろ告知で恐縮です。   (P)

生きているうちに体験したい3つのこと 〜その1 日本のW杯優勝を見る〜

2011年07月26日

この金紙、何かわかりますか?

photo1
たかが金紙、されど金紙、ただの“金紙”ではありません

意味もなくもったいぶってしまいましたが、これぞ女子サッカーW杯決勝後にスタジアム内に舞った“なでしこジャパン祝福の金紙”なのです。

ブンデスリーガ特集取材のために、ドイツ入りしたのが7月16日夜。
翌17日の午後、ドルトムントでの取材を終え、たまたま夕方から夜がフリーとなったので、思い立ってフランクフルトに向かいました。
行き先はもちろん、女子サッカーW杯決勝の舞台、ヴェルトマイスターシャフト・シュタディオン。
良心的な価格で譲っていただいたチケットを片手に、「もしかしたら歴史的現場に立ち会えるかもしれない」という期待を膨らませて会場入りすると・・・・・・。

photo2
試合開始前、日本びいきのドイツ人?が記念撮影

photo3
スタンドは星条旗をまとったアメリカ陣営に押され気味

観客の数で言えば、日本人よりもアメリカ人の方が多かったような気がしますが、ほとんどのドイツ人は日本を応援していたように思います。
実際、僕の隣に座っていたドイツ人夫婦は、アンチ米国という雰囲気も漂わせながら、なでしこのチャンス、ピンチのたびに「ニーポン、ニーポン」と大声で叫んでいました。そして延長で澤選手の同点ゴールが決まった瞬間、気がついたらハイタッチ。PK戦で優勝が決まった後は、なぜかハグを交わしていたというわけです。

photo4
南アW杯のパラグアイ戦を思い出します

photo5
なでしこを祝福する金紙のシャワー。歴史的瞬間に立ち会った証拠品として1枚持ち帰りました

photo6
翌日のドイツ紙では1面トップでなでしこを特集

サッカーの現場にかかわる人は、「死ぬまでにW杯で日本が優勝する姿をみたい」とよく口にします。
僕自身も生きているうちに体験したい3つのことの1つが「日本のW杯優勝の瞬間を見届ける」ということでした。それがまさか、こんなにも早く、こんな形で達成されようとは! 
30代半ばにして人生の大きな夢のひとつをクリアしてしまったことは、ある意味微妙な感覚ですが、残りの人生を楽しむために残された2つの夢のハードルをもう少し上げておこうと思う今日このごろです。   (仁)

なでしこの花言葉。

2011年07月25日

なでしこフィーバーの連日の過熱ぶりはすごいですね。

そんななか取材でドイツに行っている(仁)さんから資料用の新聞・雑誌がたくさん届きました。そのなかにまぎれていたのがこれ。

写真01
「ドイツ版PLAYBOY」7月号。

写真03
お見せできるのはこれが限界。

サッカードイツ女子代表(U-20)のヌードです。少し前にネットで話題になっていたので表紙は目にしていましたが、中身がここまですごいとは思っていませんでした。下手なプレイメイトよりもいけます。

インタビューでは「男子だけじゃなく女子サッカーの試合も観にきてほしい。女子サッカー選手は男みたいな女ばかりじゃない。そういうイメージを変えたかったの」と語っていて、女子サッカーが抱えている問題はどこも同じなんだなと。

とはいえ、日本でこんなことがあったら天地がひっくり返りますけどね。

なでしこの花言葉は「純愛、貞節、才能」だそうで。話題先行もいいですが、大会でいい結果を残していけば人気を積み上げていけるはず。いろいろな雑音も増えたかもしれませんが、この勢いをうまく味方につけてがんばってほしいと思います。   (粟)

小さなことからこつこつと

2011年07月22日

なでしこジャパン、優勝おめでとうございます。
ナンバーでは、当初予定していた「甲子園」特集を急遽変更し、「なでしこジャパン激闘録」特集を組むことになりました。詳しくはNumber Webでご確認ください。

なでしこの選手の中には、今大会が開催されたドイツで武者修行をしている選手たちがいます。ポツダムの永里優季選手とデュイスブルクの安藤梢選手ですね。

男子でも、この度の宇佐美貴史選手のバイエルン移籍が記憶に新しいですが、代表キャプテンの長谷部誠選手や、香川真司選手、内田篤人選手、岡崎慎司選手など数多くの日本サッカー界の担い手がドイツで活躍しています。

ナンバーでも、ここまで渡独する選手が多いということで、ブンデスリーガに注目しており、ブンデスの魅力を探る特集を考えています。
現在、進行中で、786号(9月1日発売)での掲載を予定しています。こちらも合わせてご期待いただければと思います。

この特集の中でどうしても外せない企画があります。

それは、かつてブンデスリーガで金字塔を打ち立てた奥寺康彦さんについてです。
奥寺さんは1977年から1986年まで9年もの間、ブンデスでプレーをし、ドイツに日本人選手の存在を見せつけました。
まだ日本人選手が海外でプレーをすることは珍しく、海外組のさきがけと言っていいと思います。

その周辺取材のため、当時、奥寺さんの通訳をしていたこともある、祖母井秀隆さん(現、京都サンガGM)にお話をお聞きしてきました。
祖母井さんといえば、オシム監督をジェフ千葉に招聘したことで有名ですね。
今回のお話の内容は、掲載記事をご覧いただくとして、クラブハウスで何やら見たことのないものを見つけてしまいました。


写真2
京都サンガのクラブハウスです。

青い自動販売機の右側にあるものです。空き缶回収BOXのようにも見えますが・・・・・・。
近づいてみると・・・・・・。

写真3
使用済みてんぷら油回収BOX?

もっと見てみると、こんなかんじです。

写真4

てんぷら油がバスの燃料になるのですね。
エコが叫ばれているいま、いい試みだなと思ってしまいました。

なでしこの優勝から、てんぷら油まで、西川きよしさんばりに「小さなことからこつこつと」やっていくことが重要だと思った今日この頃でした。何やら強引な終わり方ですが、では、また。   (ホ)

がんばる福島に負けた僕

2011年07月20日

先週末、2泊3日で福島に取材に行ってきました。
「福島ユナイテッド」というサッカーチームの取材です。
東北社会人リーグからJリーグを目指しているこのチーム。
福島第一原発の事故以降、試合はおろか、一時は練習もできないという状況に陥ったのですが、
この週末、ようやく福島県内での公式戦開催にこぎつけたのです。

1

クラブのGMと一緒に試合を見たのですが、
GMが語ったこんな言葉が印象的でした。

「今回の震災に対する考え方でいえば、
まず被災地と被災地以外で温度差がある。
さらに被災地のなかでも福島と福島以外で温度差がある。
そこが難しいんですよね」

被災地同士、力を合わせて頑張ろうとはなかなか行かない現実がある。
福島で試合することを、あからさまに敬遠する人もいるそうです。

福島ユナイテッドのここまでの道のりについては、8月11日発売のNumber PLUSでお伝えします。クラブのGMによる3・11以降の日記という形で記事をやろうと思っていますので、ご期待ください。

2
こちらは郡山のラーメン屋さん。

「俺たちは負けない!がんばろう福島!」

ここ数年、深夜のラーメンは禁じているのですが、
この勢いある字面に引き寄せられ、
思わず豚骨ラーメン完食。深夜1時。
僕は負けました。がんばろう俺。   (T)

RSSフィードを購読

新着コラム 一覧